インナーイヤー型とカナル型のワイヤレスイヤホンの違い。メリットとデメリット、それぞれにおすすめな人

このブログでは、ワイヤレスイヤホンを中心にレビューしていますが、タイプとしては大きくわけて「カナル型」と「インナーイヤー型」そして最近は「骨伝導型」の3種類に分けられます。

この記事では、よく混同してしまいがちな「カナル型」と「インナーイヤー型」について、その違いやそれぞれのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

カナル型イヤホンの特徴

カナル型のイヤホンは、耳栓のようなイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着します。AirPodsProがカナル型のワイヤレスイヤホンです。

メリットとしては、外れにくい事、密閉性が高いので音漏れも少ない事の他に、低音や細かい音の描写が聴き取りやすいことが特徴です。

デメリットとしては、耳の中に入れ込む装着方法には慣れが必要な場合もあって、長時間使用すると耳に違和感を覚えたり、中には合わないカナル型のイヤホンを使っていると耳に痛みが出てくる事もありますので、自分の耳に合うイヤホンを探す事が大切です。

最近のワイヤレスイヤホンの多くはカナル型の製品が主流でラインナップされています。価格も性能も幅広く、多くのオーディオメーカーがそれぞれに特徴があり、選択肢が多いことも魅力でもあります。

耳への密着度が高いので、ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ対応のイヤホンが欲しい場合は、カナル型のイヤホンが適しています。

カナル型イヤホンは空間表現が苦手とは言われていますが、音を発するドライバーユニットがバランスド・アーマチュア(BA)型や、ハイブリッド型のイヤホンであれば、空間表現力の高いカナル型イヤホンも決して少なくはありません。

インナーイヤー型イヤホンの特徴

インナーイヤー型イヤホンは、耳の表面の耳介と呼ばれる部分にイヤホンのパーツをひっかけて装着するタイプのイヤホンです。AirPodsはインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンです。

空間表現力が高く、録音現場の広さや空気感を表現できるのがインナーイヤー型イヤホンの強みでもあります。

主なデメリットとしては、耳の穴に入れ込まないこで外れやすい事と、音漏れがしやすい点があげられます。

インナーイヤー型イヤホンは耳の穴に押し込まないので、カナル型イヤホン特有の装着感・閉塞感が苦手な方におすすめです。

そして、アコースティック楽器がもつ特有の雰囲気や録音現場の広さなど、音の響く空間表現に優位性があると言われています。

外部の音が遮断できるカナル型に比べ周辺の音が入りやすく、外でも安全に使いやすいイヤホンが欲しい方にもおすすめです。

遮音性の違い

イヤホンを選ぶ際に重要な遮音性を取り上げてみると、カナル型は耳の中に入れ込むタイプなので、周囲の音を遮断しやすいのが魅力です。

駅などの騒音が激しい場所でも音楽に集中したい方や、屋外で音漏れを気にせず使用したい方に適しています。

一方のインナーイヤー型は、耳の穴に引っ掛けるタイプのため遮音性については得意ではありません。しかし、装着していても周囲の音を確認しやすいというメリットがありますので、ランニングの際などに車の音が聞こえやすかったり、話しかけられた際に気づきやすく便利です。

音質の違い

ワイヤレスイヤホン選びの上では音質も重要です。カナル型とインナーイヤー型の音質はどんな違いがあるでしょうか。

カナル型は内耳に近いところで音が響くため低音に強いと言われていて、ダイレクトな音の迫力を求める方にはカナル型イヤホンがいいでしょう。

インナーイヤー型は若干低音が弱めと言われていますが、臨場感がある音の広がりを楽しめます。録音現場の空間やアコースティックの演奏を楽しみたい方には、インナーイヤー型がおすすめです。

装着感の違い

カナル型とインナーイヤー型では装着感が大きく変わります。それぞれどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

カナル型のイヤホンは、密着度が高く外れにくいので、スポーツをしながら使用することもでき、外れにくいイヤホンが欲しい方におすすめです。

しかし、長時間使用すると耳に痛みを伴う事がある点には注意が必要です。また、イヤーピースが耳垢で汚れてしまうので、定期的な掃除やメンテナンスが必要になります。

インナーイヤー型は、カナル型イヤホン特有の密着感が苦手な方におすすめです。

カナル型とインナーイヤー型の違いのまとめ

カナル型、インナーイヤー型どちらにもメリットやデメリットがある事はおわかりいただけたかと思います。

音質や装着感を含めて、どちらが好みかによって選ぶことになりますが、いずれにしてもイヤーピースのサイズや本体サイズがご自身の耳に合うかどうかがとても重要になります。

ノイズキャンセリング機能を搭載したAirPods Proはカナル型ワイヤレスイヤホンです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥31,475 (2022/09/25 11:45:38時点 Amazon調べ-詳細)

AirPodsはインナーイヤー型ワイヤレスイヤホンの代表格です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,061 (2022/09/25 02:32:55時点 Amazon調べ-詳細)